鎌倉に降る沫雪

  • 2020.03.14 Saturday
  • 16:49

今日は朝から大粒の雨が降り、午後になって雪へと変わりました。

桜も咲き始めた鎌倉に、桜隠しの雪が舞い、この数日間の気温が急激に下がり真冬の気温に逆戻りしています。

大粒の雪ですが、地面に落ちるとすぐに溶けて消えてしまう沫雪です。


由比ヶ浜の海岸に出てみました。

さすがに1人もいません。

ただ雪が舞うばかりの静かな浜です。

海面からは、湯気が立ち昇り毛嵐となって幻想的です。

海水温が高く、毛嵐が海からあがり景色もぼやけています。

海から立ち昇る毛嵐によって、逗子マリーナも霞んで見えます。

三月半ばに舞い落ちる雪の果です。

ランチにいらしたお客様方が、思いがけない雪に感動し雪見酒を楽しんでおられました。

コメント
毛嵐による幻想的な由比ヶ浜の海
自然が織りなす芸術、私も一度は、お目にかかりたいです。
さて、
今日もご馳走さまでした。
シラスはもとより、地魚7種
お酒と共に堪能、幸せな気分に浸らせていただきました。
ありがとうございました。
今日は、鎌倉、長谷界隈、お店と同じように若い人で賑わっており、何か嬉しくなりました。
コロナウイルス、長期戦の様相濃く、上手に付き合っていくしか無いと、皆思い始めたのかな?
私はお店出た後、大船玉縄
貞宗寺と龍宝寺
初参詣
木蓮が美しく、また、観光ガイドブックには載ってませんが、たたずまい立派で、心洗われました。
鎌倉の奥深い趣を、再認識させていただきました
  • 坂本
  • 2020/03/15 5:52 PM
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM